HOME > 事例ケース

保険相談の事例ケース

生命保険の見直しによるキャッシュフローの改善

摂津市  A工業(株)の場合

現状

昨年夏頃までは比較的順調に利益がでており、生命保険に大きな金額で加入していた(年間650万円)。
昨年年末から業績が悪化しキャッシュフローが悪化した為に、生命保険全般を見直す必要性が生じた。

見直しのポイント

(1) 役員の必要保障額の見直し
(2) 最小のキャッシュで必要保障額を手当する。
(3) 今まで貯めていたキャッシュを吐き出すことによりキャッシュフローを大幅に改善。

結果

・財務戦略型商品から掛捨て(短期)型商品に移行
・必要保障額を試算し過剰分を減額。

年間保険料 650万円→28万円

事例ケース一覧

CASE2
既存契約の見直しによる保険料の低減

建設工事保険に年間150万円の保険料を支払っているが、ここ数年は事故も2- 3件で保険金の支払いもわずかである。

CASE3
安全運転励行による事故防止、及び保険料の低減

事故件数が年々増加。 会社として事故の対応が大変になってきていた。 保険料的にも負担が増加しており荷主さんとの信頼関係にも問題が生じつつあった。

募集文書番号:「2018年8月作成 18-T03948」