HOME > 事例ケース

保険相談の事例ケース

安全運転励行による事故防止、及び保険料の低減

高槻市 C運送(株)の場合

現状

事故件数が年々増加。 会社として事故の対応が大変になってきていた。
保険料的にも負担が増加しており荷主さんとの信頼関係にも問題が生じつつあった。

対策を講じる必要性の高まり

対策

・過去3〜5年の事故発生の要因を現状分析。
・事故発生の要因を分類し対策をプランニングしスケジュール化。
・スケジュール化したものを着実に実行しながら推移を見守る。
・達成されていない問題点
・課題を見つけ出し、対策を立て実行していく。
・上記のプロセスを繰り返しながらドライバーの意識を向上させ事故を減らしていく。
・ドライバーに対して人事評価に事故の発生も加味していく。

ポイント 社長以下全従業員が事故防止に対して常に意識を高く持っていくことが重要。

結果

年々、事故発生件数が減少! 保険料も安くなった!

事例ケース一覧

CASE1
生命保険の見直しによるキャッシュフローの改善

昨年年末から業績が悪化しキャッシュフローが悪化した為に、生命保険全般を見直す必要性が生じた。
 

CASE2
既存契約の見直しによる保険料の低減

建設工事保険に年間150万円の保険料を支払っているが、ここ数年は事故も2- 3件で保険金の支払いもわずかである。

募集文書番号:「2018年8月作成 18-T03948」